経営放談

低価格化と小型・軽量化

 日頃持ち歩いているものを見直してみると、10年、20年前では信じられないほど低価格化と小型・軽量化が進んでいることに気づきます。
 まずノートパソコン。20年前にパソコンを鞄に入れて持ち運ぶということは考えられなかったことで、10年前に買った軽量ノートパソコンでも2kgでしたから、技術の進歩に驚きです。また、電子辞書には何冊もの辞書が収録されて250gほど、メモリープレイヤーもたった30g余りなのにCD20~30枚分が収録できるわけですから、いずれも相当な軽量化です。また、価格も信じられないほど安くなっております。

 さて、問題は低価格化です。電子機器の製造技術の進歩によって、小型・軽量化だけでなく低価格化が実現できているのだと思います。このように技術革新によって低価格化が進んでいることは素晴らしいことだと思います。これに対して、単なる価格競争による低価格化には問題があると思います。流通業界が主導していると思われる低価格競争では、過剰なコスト削減から、品質の低下や製品の安全性の低下が生じています。
 安いことが消費者にとって、本当に良いことなのか考え直す時期ではないでしょうか。また、製品の低価格化技術革新で実現すべきもので、コストカットで実現すべきものではないように思います。

 多くの中小企業にとって、納入単価の引き下げは利益の減少やコストの圧縮につながり、低価格競争に足を踏み入れることは貧乏スパイラルに入っていくようなものです。低価格競争は技術改革能力の高く規模の経済性も生かせる大企業の競争戦略でしょう。

 中小企業においては、大企業ではできない行き届いたサービスやニッチ市場に注力することが望ましく、自社の技術的な強み立地条件による優位性を大切にした営業展開が大切ではないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ない経営者の見分け方

 懇意にして頂いている弁護士の先生で、破産申立や民事再生申立のほか、裁判所からの依頼で多くの破産管財人や民事再生手続における監督委員などに就いておられる先生とお話した記録です。経営破綻を起こす経営者には、どのような特徴があるのかが、二人の対話の中で見えてきました。次に掲げるような経営者が取引先にいたら要注意です。

①自分で経営する意欲が感ぜられない経営者
 老舗の二代目、三代目社長に見受けられるが、部下に経営を任せきりで、会社経営にほとんど無関心である経営者には困ったものです。(弁護士談)
 比較的大きな企業に多いように思われますが、営業にのみ関心のある経営者や節税・原価管理と言った狭い範囲に限って、異常な関心を持っている経営者なども、これに該当するでしょう。経営者(社長だけでなく役員や幹部)は経営活動全般にバランス良く関心を持っていないと現在の厳しい経済環境に勝ち残っていけないでしょう。(私)

②公私の区別が出来ない経営者
 中小企業の社長の中には、一応会社組織にしているが、個人事業主の感覚で経営し、会社のお金をすべて自分個人のお金と勘違いしていて、自分の趣味等(特定の事業部門に力を注ぐことも含む)に会社のお金を浪費している経営者は経営破綻を起こしがちです。(弁護士談)
 自分の趣味のもの、私を例にとれば楽器やCDを会社のお金で買うことだけではありません。偏った事業投資もこれに類するものです。ただ、「仕事が趣味だ!!」と言えるほど、ご自分の経営される会社の事業に惚れ込んでおられる方は、業績を伸ばしておられますね。(伊藤)

③現実の世の中の動きについて行けない経営者
 年配の経営者に見受けられるが、一つのビジネスで当たった過去の成功体験にしがみつき、消費者の変化に対応できない経営者は早晩衰退してしまう。(弁護士談)
 市場の移り変わりは早いものです。市場の求めるものは年々変化しており、定番品を扱う事業であっても変化に敏感に対応される方でないと勝ち残れないですね。(伊藤)

④冷静に市場に向き合えない経営者
 若い経営者にありがちであるが冷静に現実の需要・市場動向を分析できず、売りたい、売れるはずだという主観的思い込みのみで投資する経営者は、スタート時点で間違っている。(弁護士談)
 ③と同じで市場動向に敏感で自社の製品・商品の市場における位置づけを客観的に把握されないとビジネスはうまくいきません。(伊藤)

⑤自分の会社が見えていない経営者
 自社の強みがわからず、強みが生かしきれず、自社の弱いところも見れず、具体的な対策がとれない経営者は失格です。(弁護士談)
 傍目八目で取引先や同業他社のことになると良い点悪い点が見えているのに、自社のことになると、うまくその特徴がつかみきれていないものです。(伊藤)

 公認会計士としての会計監査や税理士としての税務相談をしている中でも、何か変と感じる経営者の会社は業績がよくないようです。この弁護士の先生は、経営破綻した会社の経営者の共通点を話されていますが、業績の今ひとつ伸び悩む企業の経営者にも共通する要素です。事業拡大を望む方、いや、すべての経営者の方にこれらの五項目を見直しを望むところです。

Our url : http://itoh-cpa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業を伸ばす人、伸ばせない人

 最近気づいたことですが、事業を伸ばし利益を確保できる人事業を伸ばせなかったり、利益が残せない人には、それぞれに共通点があるように思います。

 まず、事業を伸ばし利益を確保できる人の共通点は、先見性があり、聡明で、性格が明るく社交的な方が多いように思われます。これに加えて、大胆にして、かつ、慎重な方が成功されているように思います。また、事業の現状を十分に把握して、適切な経営計画を立てて全社一丸となっておられる会社は非常に業績が良いように思います。更に、事業を大きく拡大するという点では統率力というか(経営者としての)リーダーシップも持ち合わせた方がどんどんと成長されています。
 ただ、これらの要素をすべて持ち合わせておられていても、市況の著しい変化のため、一時的に赤字が続いたり、このような能力が乏しい方でも一時的に好業績に恵まれている方もおられますから、これらの条件を満しただけで必ず「成功者」になれる訳ではありません。でも、必要な要件を多く満たしておられる方が、長期的に強いことには変わりがないでしょう。

 今まで書いたことの逆の要素を多く持っている方は、事業を伸ばせなかったり、利益が残せない結果になっているように思います。ただ、何よりも大切なことはご自分や自社の従業員の可能性を信じず、「どうせこれぐらいしかできない。」とか、「そんな高い目標できるわけないよ。」と考える事業に前向きの姿勢のない方は、事業を伸ばすことができないようです。また、リスク回避傾向の過度に強い方も、事業が伸び悩み、結果として財務上のリスクが高い状況に陥りがちです。

 今、事業が伸びて利益が出ている方も、そうでない方もご自身の性格や考え方、行動パターン等を客観的に分析して、20項目以上書き上げ、ご自身の長所短所をよくご理解頂くことが皆様方の繁栄への大きな力となりますので、自己分析をなさって下さい。

Our url:http://itoh-cpa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)