私と音楽

私と音楽 第四話:ベートーヴェン作曲交響曲第5番「運命」

 会計事務所としての一つの繁忙期である確定申告業務の事後処理も終わり、ほっと一息つきました。3月決算の決算・申告業務までの嵐の前の静けさというか、繁忙期の谷間の平和を感じています。

 私のストレス鑑賞法の一つは音楽鑑賞ですが、忙しい日々の疲れを癒したい時に、元気を出すために私が聞いている曲をご紹介しましょう。曲そのものの解説は簡単にとどめ、この曲と私の出会い、また、なぜ元気を出すためにこの曲を聞いているかをお話致しましょう。

                                                     <出会い・・・お金がなかったから買ったベートーヴェンのLP (^_^;) >
 高校生になった頃、ある友人がクラシックのLPレコードは安いものもあると教えてくれました。確か、ポピュラーのLPが2,500円の頃に、1,000~1,500円ぐらいだったでしょうか。値段に釣られて何となく買ったのがベートーヴェンの交響曲第5番「運命」と第6番「田園」がカップリングされたLPでした。

<身体の芯が熱くなった>
 運命の第一楽章は有名なフレーズが何度も出てくるわけですが、美しい旋律の第二楽章、躍動感と不安に包まれる第三楽章、そして、明るい解決を示す第四楽章と音楽が進んでいったのです。当時、青年期特有の鬱蒼とした気分に支配され、将来の不安感の強かった私は、第四楽章にすごく勇気づけられました。
 「運命」は有名な「ジャジャジャジャーン!」だけではなかったのでした。第三楽章ではフーガ形式による同じ旋律の重なり合いで、悩みに悩んでいる様子を表現し、第四楽章で一気に意気揚々とした音楽に転換しています。音楽の時間での名曲鑑賞では「感動しますね」と先生に言われても何も感じなかったのですが、交響曲第5番「運命」を初めて聞いた時は、感動の余り身体の芯が熱くなったのを憶えています。暗い暗い三楽章の最後から、続けて演奏される第四楽章の冒頭の突然流れてくる壮大で明るいフレーズ、終わるようでなかなか終わらない長いエンディングに熱いものを感じたのです。
 この曲を書いた頃のベートーヴェンは耳がかなり聞こえなくなっており、他の個人的な悩みもあり、遺書をも書き記していた頃の作曲で自分自身とも重ね合わせて、この曲を書いたのではないかと思います。
 みなさんも気分の落ち込んだときには、是非ベートーヴェン作曲の交響曲第5番「運命」を聞いて元気を出して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と音楽 第三話:協奏曲初体験

 趣味でアマチュア=オーケストラでチェロを弾き初めて、早3年が過ぎました。先月24日に所属するオーケストラアンサンブル京都の定期演奏会でベートーヴェン作曲のピアノ協奏曲第3番を演奏いたしました。メインプログラムはブラームス作曲の交響曲第1番だったのですが、サブメインで取り上げましたピアノ協奏曲の余韻が一週間経った今でも残っています。

 40歳前にして、チェロを始めアマチュア=オーケストラに参加させて頂き、3年間の間に7曲の交響曲をはじめ多くの曲を演奏させて頂きましたが、協奏曲は今回が初めてでした。ソリストとオーケストラの調和が求められるわけですが、ソリストの情熱が伝わり、これに負けないように演奏しようとすると、つい力んでしまいがちでした。

 ベートーヴェンのピアノ協奏曲は第5番と第4番をよく聞いていましたが、今回の演奏会で第3番も何度も聞き、また弾きましたので、交響曲とは違う協奏曲の曲の組み立てを知ることができ、有意義なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と音楽 第二話:ザ・フォーク・クルセダーズ

 現在、クラシック音楽一辺倒に見える僕から考えると、前回のザ・ビートルズ同様にクラシック音楽から離れておりますが、ザ・フォーク・クルセダーズ(以下、フォークル)も語らずにはいられないミュージシャンです。
<不思議な音楽>
 彼らの一番のヒット曲と言えば、「帰ってきたヨッパライ」ですが、これがヒットしていた頃はまだ幼稚園児でした。子供心にあの甲高い声はどうしてあんな音が!?と不思議がっていました。後年、テープの早回しで作られたものと知りましたが、当時は甲高いふざけた音や効果音、そして、おかしな歌詞に興味津々でした。
<再度聞いたフォークル>
 ギターを始めた中学生時代、フォークルの「悲しくてやりきれない」や「青年は荒野をめざす」がフォークギターの教則本に載っていたのですが、当時は楽譜を読めず、レコードを聞いて確認して弾いていました。こんなきっかけで改めてフォークルの曲を聴き、あの(面白かった)「帰ってきたヨッパライ」を歌っていた人たちは、こんな綺麗な曲も歌っていたのだと知りました。
<いまだに聞けるフォークル?>
 プロとして活動していた3名は加藤和彦氏、北山修氏、端田宜彦氏ですが、このうち、加藤・北山両氏はグループ解散後も二人で多くのヒットナンバーを生み、自身が歌っていた「あの素晴らしい愛をもう一度」などの名作があります。加藤氏は、その後、イギリスでも活躍していたサディスティック・ミカ・バンドを経て、数多くの映画音楽や歌舞伎のBGM?をも手がけているミュージシャンです。還暦も過ぎておられますが、今でも日本のミュージックシーンの最先端を走っておられ、外見は別として、若さを感じずにいられません。北山氏は、フォークル当時は医大生でしたので、精神科医を経て、九州大学教育学部で心理学の教授をされているようです。多数の専門書等(音楽の本もあり)も書いておられます。更に、研究者でありながら、いまだに数年おきにコンサートを開いておられ、プロフェッショナルとしての活躍だけでなく、趣味もプロ?として活動されており、尊敬する人の一人です。
<フォークルもクラシック音楽の道をつけてくれたのかも?>
 フォークルの3名はギター2本とベース1本という構成でしたが、このベースがウッドベース(コントラバス)でした。この後の大半のバンドがエレキベース(除く、かぐや姫)を使っており、ウッドベースのシンプルな「ドーン」という響きは心地良いものでした。高校に入り、マンドリンクラブでコントラバスを身体が大きいという理由だけで担当し、クラシック音楽に傾倒していきましたが、フォークルのウッドベースを知らなければ、コントラバスを頑なに拒否してしまったかも知れません。(フォークルでベースを弾いていた北山氏も加藤氏に身体が大きいから無理矢理ベース弾かされたそうです。)
 前回も書いておりますが、何が人生を変えていくのかわからないものですから、一期一会を今後も大切にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私と音楽 第一話:ザ・ビートルズ

<音楽との出会い>
 私は幼少の頃から音楽に親しんできたのではなく、中学生1年生の時、クラスメートに影響されフォークギターを始めました。フォークギターが僕の音楽偏歴の始まりでしょう。フォークギターについては、いずれ思い出話を書かせて頂きますが、最初の楽器より大きな影響を僕に与えたのがビートルズの音楽です。
 この頃、別のクラスメートの影響でビートルズを聴きました。「衝撃」でした。それまでは聞いていた音楽といえば、音楽の授業で聞くクラシック音楽かテレビから流れてくる流行歌、両親の口ずさんでいる演歌ぐらいだったために、ビートルズのロックンロールから受けた衝撃は大きなものでした。
<衝撃のザ・ビートルズ>
 初めて聞いたロックミュージックがビートルズでなく、ローリングストーズやクイーンだったら、今ほど音楽好きになっていなかったと思います。彼らの楽曲に対する評価は人によって全く違いますし、聞く方の趣味趣向によって、それぞれの曲の価値は大きく左右されるのでしょう。僕にとって、どの曲に思い入れが深いかと聞かれると答えに窮するのですが、アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド」「アビイ・ロード」この2枚のLP(時代を感じますね)は音がかすれるほど何度も聞きました。この2枚のLPが僕の趣味を音楽にしたと言っても間違いないでしょう。
 ほんの一時期に過ぎませんがロック音楽を演奏したく、エレキギターも弾いていた頃もありました。クラシック音楽一辺倒の現在を考えると不思議な感じもしますね。
<クラシック音楽へのきっかけとなったビートルズ>
 ビートルズの4名はロックミュージックだけでなく、アメリカのカントリーやブルーグラス、インド音楽やクラシック音楽などにも興味を持ち、様々な音楽の手法を取り入れていました。有名な「イエスタディ」はギターと弦楽四重奏で演奏されていましたし、ビートルズを聞いている中でクラシック音楽に興味を抱く根幹を作っていたのでしょう。
<なんで公認会計士になったのだろう?>
 さて、何がきっかけで興味・関心が拡がっていくのか、わからないものです。僕にとって音楽の興味の幅を拡げてくれたのは、「ザ・ビートルズ」の音楽でした。今、公認会計士・税理士として、会計・税務の仕事をしていますが、社会人のスタートが銀行員で、ここで初めて会計に興味を持ち、更に関心の輪が拡がって現在に至ったのだろうと思います。
 ビジネスでも同じように一つの小さなきっかけが大きなビジネスを生み出すかもわからないものです。中学の同級生に教えられ、音楽を趣味に持つ機会となったビートルズのような大きなビジネスチャンスはどこにあるかわからないものです。

Our url:http://itoh-cpa.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)