« ホームページ=リニューアル | トップページ

やっと落ち着きました

 4月に更新して以来、何もこのブログに書き込みもせず、日々仕事に追われていました。どこの会計事務所でも3月決算は大変なのでしょうけれど、弊会計事務所は4月決算も事務所規模の割には多く、大変忙しい思いをしておりました。

 3月決算が早めに終われば、4月決算も順調に進むぐらいの件数なのですが、3月決算が5月末の申告期限いっぱいまで取りかかっていて、次に4月決算ですから休む間がないというか繁忙状態が続いてしまっています。

 本来なら、ここで落ち着くはずですが、5月決算はたった1社なのにこれまた4月決算以上に大変です。経理処理ミスの大変多い会社で決算作業の中で、修正を依頼しても正しく修正されず、誤って修正してくる会社なので非常に手間がかかってしまいます。

 何よりも、この会社の使用している財務会計ソフトウエアの使い勝手が悪く、データの検証に時間が掛かり過ぎるのです。O商会から販売されているスマイル●●●●という財務会計ソフトウエアですが、通常の会計ソフトウエアであれば、勘定科目を増やせば当然にその勘定科目が試算表に反映されるのですが、このソフトウエアは当然には反映されないようです。試算表に新たな勘定科目を認識させる設定をしなければならないようです。それも簡単な操作でできるものではない様子で、経理担当者の注意力不足もあって、試算表が示すべき数字を示していないことが多々発生しているソフトウエアです。

 このスマイル●●●●ですが、汎用データへのデータの書き出しも一部の帳票に限られており、エクセル等でデータを加工・検索することも容易にはできません。どう考えても、スマイル●●●●は経理実務のわかっていないプログラマーやSEがやっつけ仕事で作ったようなソフトウエアで、会計のプロの視点から見ると著しく使い勝手の悪いものでしかありません。

   スマイル●●●●の問題を云々したかったのではないのですが、この会社がスマイル●●●●ではなくて、まともな会計ソフト(例えば勘定奉行やPCA会計)を使ってくれていれば、5月決算たった1社のために7月のほとんどを費やすこともなかったように思います。

 スマイル●●●●の開発に携わった方がこれをご覧になっているなら、他の会計ソフトウエアの機能を十分に研究してから、改訂バージョンの作成に取り組んで頂きたいと願います。スマイル●●●●には他の会計ソフトウエアではできない機能として、貸借別々の摘要文が入力できるとか、管理会計の配賦基準を複数設定できる等の独自性も認められますが、こんなことに拘るよりも、基本的な機能を充実させるべきです。また、会計を理解できていないプログラマーやSEだけで企画するのではなく、会計のプロである公認会計士や税理士の意見も取り入れながら設計すべきではないでしょうか。

|

« ホームページ=リニューアル | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

やっと落ち着かれたご様子、
ひと安心ですね。

ソフトウエアの使い勝手は本当に大切な要素ですよね。
お疲れさまでした。

どうか御身体だけはご自愛くださいませ。

また、ブログの更新を楽しみにさせていただいています。

いつもありがとうございます。

投稿: カエル愛好家 | 2008年8月 5日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームページ=リニューアル | トップページ