« 私と音楽 第一話:ザ・ビートルズ | トップページ | 危ない経営者の見分け方 »

ブックレビュー:野口悠紀雄著 モノづくり幻想が日本経済をダメにする ― 変わる世界、変わらない日本

 昨年秋に発刊された新刊をご紹介致します。
 小泉元首相がスローガンとして掲げた構造改革。これで本当に日本は変わったのだろうか。筆者は、この構造改革は名ばかりのものと評し、本当に変わるべきところが変わっていない表面的な構造改革であったとこの本で説いています。
 サブタイトルにある「変わる世界、変わらない日本」とはIT技術の進歩で、あらゆる物がボーダーレスで取引されることとなり、日本よりも低賃金国での受注が可能となり、国内産業の空洞化がより進むであろうことを書いています。
 タイトルでは「ものづくり幻想が・・・」となっていますが、金融業においても、現在のあり方の問題点を辛口で評しております。
 経済の中心が第三次産業へより移行していく中で、第三次産業においても国際競争の波にさらされることと競争力をつけるためにより生産性を高め、また、業態変更の必要性を説いております。
 経済評論家や「超」整理手帳で有名な野口教授の新刊は、必読のお勧め書籍です。

|

« 私と音楽 第一話:ザ・ビートルズ | トップページ | 危ない経営者の見分け方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブックレビュー:野口悠紀雄著 モノづくり幻想が日本経済をダメにする ― 変わる世界、変わらない日本:

« 私と音楽 第一話:ザ・ビートルズ | トップページ | 危ない経営者の見分け方 »